開花が遅れ気味な梅や桜

今年は梅の開花が例年より少し遅れていると感じます。
自宅の近くに規模は小さいけれど整然と植えられた梅林があり、毎年そこの梅が開花するとお散歩がてら花を愛でるのが恒例になっています。子供と一緒に見に行くので子供も喜ぶし、気候の良い季節なので日光浴の一環としても最適です。
今年はその梅林の開花が例年よりも少し遅かったようです。今年の冬はだいぶ冷え込みましたし、なかなか春らしい気候に変わらなかったのでそのせいかもしれません。
ニュースなどでは桜の開花も少し遅れるらしいと聞こえてくるので、今年は春の到来が遅れているのでしょうね。

 

でも子供にとっては気候や気温と開花の関係はまだあまり理解できないらしく、先日今年はまだ咲かないとぼやいていました。花が開いた梅林ではしゃぐのが好きな子供なので、とても楽しみにしていたようです。
梅が咲いたら次は桜ということは理解しており、早く梅が咲いてくれないと桜のお花見もできないと思っているうちの子供。毎年地元の桜まつりで大はしゃぎしているので、こちらも今から待ちかねているのでしょう。
昨年は確か3回ほど桜まつりに赴いたので、今年もまたそれくらいお花見をしに行く予定でいるのかもしれません。その度にいろいろ買わされますが、季節を感じられる年中行事はできるだけ大切にしたいものですよね。