寒さから解放され粉に束縛されるこの時期

2月下旬から4月にかけて寒さも和らぎ徐々に草木も芽吹いてきます。
気温的にはやっと私の大嫌いな寒さから解放されると、うれしいのですが一方で小さな粉に悩まされるのもこの時期です。
その粉というのがスギ花粉です。もう30数年悩まされているのではないでしょうか?
以前は鼻水や鼻つまりがその症状だったのですが、それが進化し今では目までが痒くなってきています。本当にたまりません。
マスクはまだしも、あまり薬には頼りたくありません。ですから、外出すればその外出先で鼻洗浄(コンビニのトイレ何かでします)、また帰宅すれば鼻洗浄と常に花粉を体内から出すことに努めています。
以前は水で洗浄するのに、プールで鼻に水が入った時の痛みを感じていましたが今や慣れてきたのか殆ど痛みは感じません。
そして、花粉だけではありません。黄砂。これがまたやっかいです。特に今年はなにやらPM2.5という物質が黄砂に含まれて飛んでくると言いますから注意を怠ることはできません。
とはいっても、PM2.5はマスクおも通過するらしく、どうすればいいんでしょうかね。
ま、人はそういったものを常に克服してきましたからなんとかなるでしょう。
この時期、この粉の束縛さえなければワクワクの時期なのに。。。と思う時がありますが、季節も人生と同じで起伏があるんでしょうね。